オーディオインターフェースの検討

その他の情報交換の場としたいと思います。
フォーラム名や情報交換方法についてのご意見があれば、記事(トピック)を投稿ください。
Yutaka Kitagawa
記事 : 37
登録日時 : 2018年3月23日(金) 10:46

オーディオインターフェースの検討

投稿記事 by Yutaka Kitagawa » 2020年9月19日(土) 10:59

リモートバンド練習のために、音声遅延を最小にするため、ASIO接続が必要で、それにはオーディオインターフェースを用意しなければならない
そこで調査したので報告する

1位 ベリンガーU-PHOTORIA UM2 アマゾンで5432円

   長所: 安い 高音質 2IN-2OUT 出力がRCA端子(アンプ等につなぎやすい)

   欠点:古い機種 USB1.0 44.1/48kHz  16bit(CD音質レベル)

2位 ヤマハ AG03  アマゾンで18889円(私は、これを注文した)

長所: オーディオインターフェース+ミキサー的な広範囲な応用使用が可能,ゲーマーにも人気らしい 192kHz 24bit で録音・再生できるので、ハイレゾ音楽も聴ける

   欠点: 品薄 値段が高め



3位 スタインバーグ UR22mkⅡ アマゾンで15950円

   長所:アマチュアでの使用が多いので、ネットでの情報がすごく多い

      業界のリーダー的メーカー(今はヤマハの子会社)

   短所:出力がフォーン標準モノプラグのためスピーカ接続が変換プラグ必要 新規生産なく在庫のみ  最新モデルはUR22Cだがこれは27800円と高いわりにUSB3.1 32bit しか性能向上してない。

以上私が、今の時点での調査結果です。

Yutaka Kitagawa
記事 : 37
登録日時 : 2018年3月23日(金) 10:46

Re: オーディオインターフェースの検討

投稿記事 by Yutaka Kitagawa » 2020年11月02日(月) 14:24

リモートバンド練習のために、ヤマハのsyncroom を使いますが、音の遅れをなくすためにasioを使用 そのためにオーディオインターフェースを用意する必要があり、みんなに ヤマハのAG03 を推薦し、自分でも購入した ところがドライバーをインストールし、動作させると、音楽再生時、音切れが発生し、不具合となった
改善のために検討してるが解決できない
そのために、リモートバンド練習に進めない状況になってる
みんなの状況を確認中である

Yutaka Kitagawa
記事 : 37
登録日時 : 2018年3月23日(金) 10:46

Re: オーディオインターフェースの検討

投稿記事 by Yutaka Kitagawa » 2020年11月28日(土) 14:10

リモートバンド練習のために、オーディオインターフェースが必要なので、syncroom の供給先であるヤマハのAG03を推薦した。メンバーにはその機種を買ってもらったが、自分のパソコンで音楽の音切れが発生した。その解決に2ヶ月の時間を要した。結局、パソコンに付属のブルーレイドライバーが故障により認識されないためにCPUがしきりに問い合わせしていたためlatency が伸びたためと推定している。
検討の一つに別機種のオーディオインターフェースが必要となったので、今使用中のDAWのSTUDIO ONEの供給もとのであるPreSonus のStudio24cを買ったが、関係なかった。しかし、付属にStudio One 5Artistがついていてこれが使えるので、これから楽しみ。

記事(トピック)への返信